新着情報

「徳を積むということ」人の教え/神の教え/宇宙の教え








チベットの花茶と五行のお香を焚いてみました。

資料によると この花茶は

医学の技術と 星の運行を見て

何日の何時にハーブを摘み取れば 薬効が最も高まるのかということが書かれた

仏教の教典を元に

東チベットのお坊さん達が 

約一ヶ月に渡って馬に乗り 野宿をしながら チベット高原の様々な場所を旅して

時には危険な場所に踏み入りながら 一つ一つの花を手摘みして集めるものなんだそうです。 ハーブを摘み取る時も

「あなたは他者の為に役立つ準備が出来ていますか?」と問いかけ

「大丈夫です 準備は整っています」と答えた花だけを摘むとのことです。 (引用ここまで)  

「他者に役立つ準備が出来ていますか?」 相手に何かをさせていただく そのチャンスを与えてもらってありがとうという 感謝の感覚を持てる状態になっているか 準備ができているか? と聞かれているのです

これが徳を積むということなんでしょうね

さて でも私は

今世においては どの宗教も特別には興味がなく

宗教的な解釈はあまりわかりません。

ですからこの機会に

宇宙からみた徳について聞いてみました


(宗教的な概念とは異なります ご了承ください) ⭕️ 徳を積む方法について よく言われるのは 人知れず善い行いをすること 陰徳が良いといわれているそうです。 誰かが見ていても 誰も見ていなくても🌸 陰日向なくという意味ですよね♡ 見返りがなくてもと 強調することも多いようですが 見返りについては もちろん期待する必要はないですけど 宇宙からの愛を受け取ることを 放棄する必要もないそうですよ❤️ 宇宙に愛を放ったら 応答するように愛が返ってくるのは 自然なことですから🌸 ⭕️ 結果はいつわかる? 徳を積んだ結果については 実は今回の人生で それが返って来るかはわかりません。 これが下記にも書きますが 人とのご縁や起こる出来事は 今世の問題だけではないからです。 また欲しいところに返ってくるかもわかりません。 でも いつでも どの領域でもOKですよね🌸   今世でなくても 魂は永遠ですし そして いまも 誰かに助けられて生きていますから 徳がどうこういうよりも たいしたことは出来ませんが せめてものお礼とお返しに 自分に出来ることをさせていただくだけです。 ⭕️ 他者の役に立つとは そして 他者に役立つという事について これがまた問題です  人の気持ちはわかりませんし 魂の学びのステージがそれぞれ違うので 相手に伝わらないときもあります。 その行いが 今のその相手にとって 良いことか悪いことかも、 長い目で見たときの正解なのかも 人にはわかりません。 相手を思いやるばかりに ひょっとして 余計なお世話かも??  間違っているかも? と考えてしまい 何もしない、出来ないタイミングを逃してしまった💦 ということもよくある話ですよね でも 何も出来ないというのは あなたの真実の姿ではありません🌸 すべてに 正しいマニュアルがあるわけではなく すべてに 完璧な正解があるわけではありません いま何が必要か 相手に聞けば知ることが出来ます🌸 相手のことも 宇宙の法則も すべてを理解することが出来なくても ただ それでも 人を思いやれるかどうか   他者の痛みを感じることができ でも必要以上に感情移入することなく なにか出来ないかと考え行動できるか 他者の喜びを感じることができ   ともに喜ぶことができるか  その時に自然に動いてしまう行動が 徳という愛であるように思います。 そして 自然に選択する行動も 魂の学びのステージによって変わります。 ですからどうすれば正解というのも変わってきます。 自分と同じ様に大切に思える愛する人達と 人生を生きて行けるということは本当に幸せなことです。 シンプルな 人としての教え 徳を積むこと 魂を磨くこと 魂を向上させるという教えは すんなり 心と体に馴染むように思います 繰り返しますが どの宗教が正しくて どれが間違っているという話ではありません 人の教えについての学び  神の教えについての学び  宇宙の教えについての学びという 学びの階層が それぞれあるので比べることはできません。


⭕️ 人の教えが伝わらない存在


魂は光そのものですが 今世では

悪を経験し尽くすという計画の魂もあります。


どれほど献身的に愛を伝えても

今世で改善することはないのです。

やりきるのが目的ですから。


そして そういった魂と引き合ったのならば 自分の内側を見つめ直す必要があります。

ですが 自分が悪いという意味ではありません。

自分の内側の闇を見る事

一旦受け入れること その闇は 悪い部分ではありません  

なぜなら 先ほども書きましたが

今世の問題だけではないからです。

たとえば

当時は良い事とされていても

時代によって善悪は変わります。

それは人の考えだからです。

神の教えとされるものも

時代によって 解釈を人が変えます。

ですから

内側を見ることの目的は

反省するためだけにではありません。

すべてはバランス

因果応報 善因善果はもちろん そしてまた

ただ単純に 良いも悪いもなく

私たちは

様々な経験をするために地球に来ています。

辛い出来事もバランスを取るためだったり

ただ魂が経験してみたかった

その人に会ってみたかった

それをやってみたかったという場合もあるのです。 

するべきことは

内側を見て

そのままの自分を受け入れる

そして今の自分はどうしたいか  そこから離れること 自分を守るために NOと言うこと 火の粉を振り払い 安全を確保すること

相手を 変えようとしないこと


相手にあわせて

自分を変えようとしないこと

自分の尊厳を何よりも大切にし 自分の愛し方

他者への愛し方を変えることを 自分の為に選択しなくてはいけません    自分への愛が確立したならば  

そういった魂たちとも

大切な人たちとも

適切な距離感でいることが出来ます。

人の本質 魂は光そのもの。

  地球においても 光の世界に住むのか

誰と関わっていくのか

その関わり方も

カルマの終わらせ方も

自分が選択することができます。  

情報量が多すぎて書ききれませんが

今回はこのあたりで🌸

特集記事
最近の記事
過去の記事
タグクラウド